ご注文・お問い合わせはお電話でもお気軽に。 パールメッセージのお問い合わせ082-871-8686

お問い合わせ・ご注文先

FAXでもお申込みいただけます 結婚式へお届けの場合は、結婚式の2日前の17時までにお申込みください。週末のご注文は金曜日の17時までにお申込みください。

礼儀・マナーについて

招待状をもらったら

結婚式の招待状を受け取ったら、なるべく早く、同封のハガキで返事を出すのが礼儀です。

出席できないときは

どうしても結婚式に出席できない場合、まずは電話で相手に伝えることが先決です。

祝電は

結婚式に招待され、なんらかの理由で欠席しなければならない場合は祝電を打ってお祝いの気持ちを伝えましょう。

祝儀袋の表書き

用意する祝儀袋は、白の包み紙に水引か金銀、もしくは赤白の「結び切り」にしましょう。

会場へは早めに

会場へは20〜30分前に到着するようにしましょう。

受付でのマナー

受付では、本来出欠を取って座席表を配るための場所です。できればご祝儀はあらかじめ渡しておくと良いでしょう。

控室へ挨拶

控室では親族へのあいさつを怠りがち「おめでとうございます」というひとことを添えて、ご招待いただいたお礼を述べましょう。

披露宴でのスピーチ

相手のよさを引き出すようなエピソードを話すのがポイントです。

披露宴での新郎新婦との写真は

多くの人が新郎・新婦と写真を撮りたいと思っています。自分の席でひな壇の状況を見ながら、空いているときに撮影をお願いすればスマートです。

お開きになったら

お開きのあいさつが終わったら、目上の人から退場し、同じテーブルに座っていた人にも「ありがとうございました」とあいさつをしましょう。

服装は昼、夜と選び分け

昼の装いは肌を出さずシンプルな装いに気をつけましょう。夜の装いは肌出しOKです。アクセサリーで華やかにドレスアップしましょう。

バッグの選び方

革製の小ぶりのハンドバッグがおすすめです。大きめのバッグは、カジュアルな印象を与えるため、披露宴の席には不向きです。

靴のマナー

パンプスならまず間違いなしです。シルバーやゴールドといった華やかな色や、きらびやかな飾りの付いたものがお勧めです。サンダルは後ろにベルトの付いた甲の開きが浅いもののみOKです。